2011年10月26日

いつでもいつまでも本気なんだ

11月5日下北沢Queまで
あと9日
崖っぷちで、足下が崩れかけて
またいいところでリセット癖のある、へきれきが持ちこたえた
奇跡みたいなものを詰め込んで歌う。

最近、たくさんの植物と共同生活を
送るようになってから、家で音楽を流すようになった。
あんまり落ち着いて
ぼんやりしている訳じゃないんだけど

ふと取り出したCDが偶然、甲斐名都さんのCDで
俺があの曲よかったなーなんて言っていたら、ファンの方が
サイン入りでもらって来てくれたやつ。
いや違うな、買って来てくれたんだ!

あぁこの曲よかったなーで
聞き出したら、歌詞の良さに完全にやられて
永遠リピート癖がある俺は、聞きまくったのでした。

ワンマンには
オープニングアクトを入れているへきれき

なぜ?って昔よく事務所の人に聞かれたんだけど
ほら、対バンの世界で育ってきたでしょ
ワンマンは唯一我がまま許される場所だから
俺が一曲目からエンジン全開で行くには、大好きな歌を歌う人やバンドと対バンしたい訳なんです。

俺らはこの原理で、今までのライブをやってきたのです。
2マンしているのに連絡先を知らなくて…
そんなこんなで日だけが、バタバタとすぎた時
偶然街で、再会したのです笑
しかもお互いライブ帰りでね。

それでどうしてもでお願いしました。

東京のワンマンライブ@下北沢Queのスペシャルオープニングゲストは
『甲斐名都』さんです。


俺は今回のライブ
今までとは少し感覚が違っていて
本音をいうと、ドラムのあつしくんが、俺の中の何かを
いとも簡単に呼びさましてくれたんだ。

俺はこのメンツで
もう誰かが見て後悔することはないと思っている。

俺の心底愛するあの人も
こう言っていた
『僕たちの歌を聞きに来て下さい、僕たちはいつも一所懸命歌っています…本当です。』

俺は今まさに
それを君らに伝えることが、できるんだろうと思った。



umiQ

明日は、長野のゲストを紹介します。
posted by umiQ / hekireki at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

ヤイリギターが家にやってきたよヤァ!ヤァ!ヤァ!

yairi.JPG

だいぶ前に出演させてもらった
Music Showerという野外フェスで、出会ったヤイリのギター。
名前だけはそれはもちろん知っていたし
ほんの少し遠い存在でもあった。

ヤイリのギターをヤイリの小川さんから
ぜひ使って欲しいとメールを頂いたときに
ちょっと目がぱちぱちしたし
とても嬉しかった。

そして工場に見学とギターを選びに行く。

10月3日のこと

日本ライン今渡駅に到着

FH010013.JPG

下調べをせず、風まかせで歩いて
なんか散髪屋の項垂れた空気感に吸い込まれてしまって
散髪。
ヤイリのギター工場って?どの辺ですか?
なんて聞いたら
このまま真っ直ぐ行けばつくよと教えてもらった。
風まかせの答え合わせは、正解だった。

またも近所のスーパー的なところで
モーニングをした

あって緊張して、おなかが鳴ってはいけないとか考えていたような気がする笑

FH010016.JPG

ヤイリ到着。

入り口、緊張したな。

FH010017.JPG

小川さんと再会できて
矢入一男さんとも、お話ができた。

伝えてもらったことは
とてつもなくシンプルだったんだけど
とてつもなく魂に響くし
その精神に近づくために努力をし続けなければならない
孤高の領域の話だった。

だから
よく見て
ちゃんと聞いてかえろうと思ったし
今までここに来ることなかったことや
今、ここにたどり着いた意味みたいなものも、大げさだけどあるような気がしてならない。

FH010018.JPG

本物を造る行程
魂って宿るものなら、誠実にね。

どの行程でも
どの人にあっても
眩しかったな。

それからご飯を食べて
いろいろな話をして

その中で、へきれきの出す音というか姿勢っていうのかな
好きでいてくれて、応援してくれているのが
十二分に伝わってきて
背中をポンと押されるような
それといいつつも
背筋をピンと張り直させられるような
それでいて
あったかいなと思った。

それから
日が暮れる頃まで
何本もギターを弾かせてもらったし
いい音で響くし
木の話から、ピックアップの話
楽しかったな。

姿勢と魂の込め方
自然とそういう感覚を
しっかり刻ましてくれて

まとめると
へきれきはヤイリのギターと共鳴していきたい。

ギターは誰よりも自分のそばにいて
自分の気持ちを音にしてくれている。

だからちゃんと
選ばなくちゃ行けないし、愛していかなければならない。

もちろん
本物をもてば
本物の音楽を奏でられる、簡単なものじゃない
だからまた
毎日必死で暮らしてさ、気持ちを音楽に変えるんだ
妥協したら負けだぜ、頑張れ!

今日家に届いたギターは
可愛らしくも
思いの込められているようなギターでした。

ありがとう
ヤイリギター
そして
小川さん

写真.JPG

帰りは
心が解放されていたから
見る景色が

FH010021.JPG

見る景色が

FH010023.JPG

すっと入り込んできて
寄り道寄り道の繰り返しで、東京に帰りましたとさ。

このギターのデビューライブは
Queのワンマンになるのだ!
楽しみにしてて欲しいな。

yairi2.JPG

ヤイリギターが家にやってきたよヤァ!ヤァ!ヤァ!

umiQ



posted by umiQ / hekireki at 16:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

SARA

SARA

IMG_3909.JPG

頬が自然と
笑ったな
気持ちエネルギー
貯めたな

今回は大好きな華村灰太郎こと通称灰ちゃんと
一緒にSARAへ

俺たちへきれきはもう3回目。

何度来ても
何度ライブをやっても
変わらない素朴な色合いの空気が
包み込んでくれる様で
素敵すぎて困ってしまう場所。

柚一郎くんも行く度に成長していて
もうとっくに俺よりギターがうまいし、メンタルもしっかりしている。

とおるさんも、とよこさんも
正直ね素敵過ぎて、なんだか今更人見知りしちゃう感じ
みんなにも解るかな?
実をいうとR食堂もね…笑

ドキドキしちゃってさ…笑

それだけもう大切な場所だし
みんなの事が大好きなんだろうね。

また突然の思いつきでユーストリームとかしちゃったけど
見れたみんなは、もし良ければ次のSARAライブに参加しちゃって下さい。
あの空間は来て見ないと味わえないと思うんだよ。

歌った後は
みんなで夜更けまで話して
次の日は念願の『温泉神社』に行くことができました。

もうだいぶ御朱印も集まったな…脱線。

ライブはほとんど柚一郎くんとセッション
驚く事なかれ
彼はへきれきの全ての曲のギターが弾けるのだ…。
末恐ろしい…。
その才能を少しでも分けてもらえると嬉しいのだけど
ここは先輩として、少し練習して追いついてみようと思う笑

へきれきは!
俺たちは!
俺は!
本当にSARAが大好きだから
これからもずっとずっと
SARAで歌えるよう
頑張って行こうと帰りがけに振り返りながら思った。
へきれきチームはなんと2連泊してしまいましたとさ笑

SARAのライブ後
すぐにシモン君の脱退の発表があって
みんなに心配をかけてしまったのが、ひとつ心残りだったりする。

Queのライブにも
沢山の贈り物、本当にみんな嬉しかったし感謝してます。

SARAのライブに来てくれたみんなも
ユーストで見てくれたみんなも

ありがとう!

そして親愛なるSARAへ

ありがとう!

umiQ

IMG_3940.JPG
那須を代表する、素敵なヤングマン達と撮影。

写真は
ライブに参加してくれたnoricameちゃん撮です。ありがとう。

よし!へきれきツアーは残すところ後4本
ガッチリ練習して、みんなを感動の渦にまきこむぜ!

へきれき『bird calling Tour2011』ファイナルワンマン4本勝負

下北沢Que 編
■11月5日(土) 下北沢 CLUB Que
open 18:30 start 19:00
ADV / DOOR ¥2,000 / ¥2,500[1D別]

長野 NEON HALL 編
■11/19(土) 長野 NEONHALL
open 18:30 start 19:00
ADV / DOOR ¥2,000 / ¥2,500[1D別]

名古屋 DAYTRIVE 編
■11/26(土) 名古屋 DAYTRIVE
open 18:30 start 19:00
ADV / DOOR ¥2,000 / ¥2,500[1D別]

浜松 FORCE 編(Tour Final)
■11/27(日) 浜松 FORCE
open 18:30 start 19:00
ADV / DOOR ¥2,000 / ¥2,500[1D別]

チケットのご予約はコチラから!
へきれきチケット予約フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=623080
posted by umiQ / hekireki at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

さよならドラムBOY

まるで青天の霹靂の様な話を
へきれきからお伝えせねばなりません。

4月より正式メンバーとして活動してきた、ハヤサキシモンが
この度、一身上の都合により、へきれきを脱退する事となりました。

まだツアー中という事で、僕等も困惑してしまいましたが
彼を信頼してメンバーに迎えた僕等は、彼の脱退に関しても
何かしらの信頼をして、送り出してやらねばと思ったので、ここにお知らせ致します。

残りワンマンを含み『bird calling Tour2011』は4本
僕等はただただ全力を尽くして、新しく歌も創って
届けたいものを届ける気持ちでいっぱいなので
応援よろしくお願いします。

憤りを感じるよりも
今はなんか前に進みたいし
エネルギー溢れているんだよ、俺たち。

へきれき
umiQ & 小沼めぐみ


6月のウェルカムシモンから
次回のライブでサヨナラシモンとなります。

■9月30日(金) 下北沢 CLUB Que
"CLUB Que ANNIVERSARY " SEVENTEEN GRAFFITI !!""
へきれき/吉田健児[Band]/ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ
open 18:30 start 19:00
adv 2300円/ door 2500円(1Drink別)

info@hekireki.com
posted by umiQ / hekireki at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

りんご音楽祭感謝状

松本に響くりんごの『ね』

2009
2010
2011

3度目の挑戦
へきれきは3度目の出演。

共に歩いたから解る景色もあって
今年は存分に楽しもうと思ったし
必ずいいライブしてやろうとも思った。

高速が渋滞して
気が気じゃないなか無事到着。

途中、ロベルト吉野氏を乗せて…

本番前

『りんご集中』
ringo3.JPG


すかーんと晴れ渡った空で申し分ない
ぐわーっと攻めてくる熱気も申し分なく胸が騒ぐ

『いざ出陣』
ringo2.JPG


美空ひばりのりんご追分で登場した。
りんごに変身して笑

ringo4.JPG


ringo1.JPG


トップバッターという重要な立ち位置に、本気の感情と
少し気の緩んだ笑いが欲しかったから。

久しぶりにサイダーをロベルト吉野氏と演奏したのも
いや毎年なんだかんだで、1回はりんごでやるこのセッションも
もうだいぶ板についてきた気がする。

ロベルト氏との出会いも、主催者のスリーパー君の紹介で
MCでも言ったが
東京と横浜
そしてジャンル的にも共通しない僕等が、共演しているこの奇跡は
本当に彼のおかげだ。

後半は熱さで意識が飛びそうだったんだけど
ほんと見ててくれてるみんなが良くてさ
口ずさんでくれたり、揺れてくれたり
おかげでなんとか乗り切れたな笑

りんごマンは1曲しか持たなかった笑

笑っちゃうのは、少し遅れてきた東北ロールスのジョージ君が
umiQさん激太りしたのかと、心配しましたと言われた事…笑

そのまま勘違いして帰った人もいるのではなかろうか?心配…笑

『before』
ringo5.JPG


『after』
umiQ.JPG


俺たち全力で
全部使い果たして、着替えてたらびびびっとくるロックが流れてるわけ
すぐ観に行くと『お前の先祖』ってバンド
全部使いきったはずなのに、ライブ見たあと!ちくしょーまだできんぞ俺!と思ってしまった。

彼らのライブは、とにかく若いエネルギーがナイアガラの滝ばりにでていた。

松本は本当にいい若いバンドが、ちゃんとそだってんなーとえらそうな事は言えないけれど
そう思って、嬉しくなった。

岐阜から参戦のゆらめきエアー
野村は何処にいても野村
何処で演奏してもゆらめきエアー
その絶大なるキャラクターにあのメロディ
もう何年めなんだろう、変わらず好きでいられるバンドのひとつ。

その後見たのが、『耳なり坊や』ってバンド
これもまた飄々としてていいのだ
あっ対バンしたいなんて、思ったのでした。
いや対バンしたいのだ。させて下さい。

そして
俺の今回のりんごベストアクト
『サイプレス上野とロベルト吉野』
あの場所に入れて最高の気分だった。

『俺中ベストアクト!』
bestrngo.JPG


願わくばもう1時間
聞いていたとしても満足だっただろう。

MCでDJスリーパーの事、去年のりんごの事を話していたんだけど
うんうんって俺も共感しながら
ありがとう!と空を仰いでいた。

そして最近よく名前が出るが、ゴマアブラ
アルプス公園を瞬間ディスコに変えたね。

恐るべしゴマアブラ
あれほど自然が似合わない衣装だったのに…演奏が始まると一変して踊れた。

その後は、ちょっと一休みで
ひとり浅間温泉ツアー
お風呂に入ったら、東北ロールスのジョージ君に遭遇。

実はちょっと前に
彼の歌で、マスクマンって曲があって
悩んでいた日にね
それが頭にぐるぐるまわっていた時があったんだ、だからりんごで彼に会えたのは
偶然ではなく、必然だったんだろうと思った。

アナログフィッシュの州一郎に会えたのも嬉しかったな。
運転してたのにもなんだか驚いた。
ライブはもちろん良かった。

その日の夜はチラチラ会場を渡り歩き、熟睡。

ゴマアブラに叩き起こされ
温泉までご案内

必殺
『仙気の湯』
実は浅間温泉じゃここが一番好きで
地元の人とも軽く会話できるし、ちょうどいい熱さだから。

そしてりんごにダッシュで戻って
『Slum』
文句無し!
全部のバランスがいいんだよね。
後ギターの音
俺はね本当ギターの音大事なの
自分のギターも正直、納得いかないと不機嫌になるくらい笑

原田さんも良かったな。

そんでもって金沢のnoid
さんちゃんとも久しぶりに会えたし

『ヤッホーな二人組』
sancyan.JPG


noidめっちゃいい音出す。
ガットギターがバンドの中で、かなりい存在感で響いてんの
これはたまらんなと思った。

その後
ちょいちょい会話に出てきたジョージ君
マスクマンのうたが一曲目だったので
ちくしょー日本酒もってこーい!ってぐらい嬉しい悔しい演出でした。
歌詞のない歌を歌っていたんだけど
それが一番胸に響いて
俺もまだまだ必死こいてやることあんべ!と自分に喝を入れましたとさ。

その後
愛すべきバンドマン達と記念撮影

minna.JPG


やけのはらさんで痺れたり
お好み焼きとたこ焼きに一時間以上ならんだり
月をゆったり眺めたり

『月を食べる雲鳥』
torisora1.JPG


『おなか光る鳥』
torisora2.JPG


散歩したり
うたた寝したり
また色んな会場ウロウロしたり。

めいいっぱいりんごを楽しみました。

心から楽しめたし

3度目の正直で、戦ったスリーパー君
彼の凄まじいがんばりと
やっぱりそれを支えているスタッフのチカラの絶大さに
ありがとうと言う気持ちと
俺たちがまたちゃんと成長して、いい音楽を届けなければならないなと
思ったんだ。

あのステージからみえたみんなの笑顔も
来年もまた見たいし、俺欲張りだからもっともっともっと見たいと思っちゃった。

今年のりんご音楽祭は
俺に
なんか
なんだか
頑張る勇気をくれた様な気がした。

本当にリスペクトするし
心から素敵なイベントになっていっていると思う。
へきれきも負けないぜ!

ありがとうりんご音楽祭!

umiQ
posted by umiQ / hekireki at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。