2011年06月15日

女鳥羽川

さてつづき

瓦レコードは女鳥羽川沿いにあって
民家を改造したパラレルワールド…
もとい
クラブである。

kawara.JPG

眠る時はだいたい下からズンズンズンと音楽が流れている。
男女のカオス地帯。
ここではだいたい朝起きると
女鳥羽川を眺める癖がある。

まだライブの話じゃないんだけど

昼ご飯の話
蕎麦屋あるぷすはうまいんだけど
上品さとそれに見合った価格帯にて
割とおおざっぱな蕎麦を好む俺は、年に1度行ければいいかな笑

温泉の話
松本だといつも行くのが『仙気の湯』
俺はここが熱くて好き。
街の人とも少し話せたりするから。
共同浴場のなんというか空気感が好きなんだよね。

senki2.JPG

senki.JPG

長野だと銭湯『亀の湯』なんだけど昨日は行かなかった。
戻ってきた今になって、行っておけば良かったと思わせる
憎い場所である。

あっあとドラムシモンのカラスの行水っぷりには驚いた…
これから鍛えていかねばなならぬ笑

そしてライブの話

slum
飄々としているのに
胸が熱くなる
忘れかけた青を取り戻させてくれるバンドかな
さくっと言うと。
特筆するとギターに物凄く特徴がある
うまいとかへたとか抜きにして
オンリーワンの片鱗をチラチラ見せつけるのだ
もしこんなバンドに一生、後をつけられたら
俺は一生安心しないけど
死ぬまでいいライブができるかもと、ふっと思った。

kawara2.JPG

さらにいうと
ライブが終わった夜更けに
カウンターで彼らとお客さんが合唱してた光景は
俺には凄く眩しくて、羨ましい光景だった。
それを見てまた、彼らの音楽の素晴らしさを知ったような気がした。

seisyun.JPG

へきれきはというと
開始15分前のセットリストで大喧嘩
でも全部ババーンと消し去るいいライブをしたが…
案の定終わった後は、大反省会
しゃべりばかって言うぐらい反省したし、言いたい事言った。
バンドはこれでいいと思う。

改めて口に出す事ではないけど
へきれきはへきれきの道を創り出し歩いて行けばいい。

ライブ中に口ずさんでくれる人が、凄く多くなったような気がする。
顔も覚えられてきたし
みんないいオーラだしてるんだよね。
もっともっとみんなと仲良くなりたいな。

6月26日瓦祭りに出るので、その時はまたみんなで楽しい時間を過ごそうぜ!

長野2マン2デイズ
ありがとう
なんか自分の中で、とてもとても充実してたし
出会えたみんなが魅力的だった。

最後になっちゃったけど
親愛なるdj sleeper
この長野2マン2デイズの立役者
彼はへきれきにとっても俺にとっても
たまにむちゃくちゃだけど愛すべき存在。
今回は家の中でバーベキューとかやっちゃったけど笑

本当にありがとう

これにて長野日記はおしまい
さぁ今週末(18日)は下北沢Queでへきれき自主企画『Q番勝負〜ウェルカムシモン!』
この二日間、溜まりに溜まった心のエネルギーを全部ぶつけて
最高のツアースタートダッシュを飾るぜ!

んではまた!

umiQ
posted by umiQ / hekireki at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。