2011年04月10日

グライダー


今日は某バンドのPV撮影に便乗しました。

その時の話。
だいぶ端折るけどね…。

秩父の奥地
中津川まで行きました。

目的地は、
太平洋セメント工場と
ニッチツ鉱山村

度重なる暗雲により
撮影前に戦線離脱することになってしまった。

始めについた所が違う場所で
今夜都内でどーしても見たいライブがあって
ニッチツ鉱山村あたりから
某配達会社の車に乗せていただき、バス停まで下山。

しかし

12時に下山したにも関わらず…
バスは14:40までない
中津川の村に寄って、時間をつぶそうか
それとももしかしたら他に路線の違うバス停があるかも知れないと
歩きだした。

だれもいない山道をひたすら歩く。
十キロ以上は確実に歩いたんじゃないかな…

落石も多く
静かで小雨
携帯は歩けど歩けど圏外。

2時間40分歩き続けた。
その間ヒッチハイクすること7回。

家もほとんどないこの山道の中を
緑色のコート着た金髪が歩いているので
俺でも中々止まれないだろうなと思いつつ
案の定全て、スピードは落とすもののスルー。

最初の数分はよかったよ
口笛吹きながら

でも
10分、20分、30分
疲労感と足のだるさも合わせて

なんだか悲しくなってきたり
戻るに戻れないし、立ち止まるのも嫌で

とにかく色んな事を考えながら歩いたな。

長いトンネルの中を独りで歩くのが、本当にしんどかった。

『死んだように生きる』
ずっとこびり付いて離れなかった言葉があって
怖いという認識でしか無かったこの言葉が
何本目かのトンネルを抜けて
滝沢ダムに辿り着いて、橋の上からダムを覗いた時に
もう消えはしないんだけど
少し消化した気がした。

そしたら
すっと自分がグライダーに乗って浮かんだような気がして

このまま飛んで帰りたいし

辛い悲しい苦しいに支配されてた自分の心を解放してくれて
何とも言えない形で、湖面に映し出してくれている気分になった。

珍しくしていた腕時計がなんだか止まっていて
ゼペットじいさんの話を思い出して笑って
そしてまた1曲生まれたんだ。

そしたら…
あれ
撮影で残ったはずの車が…
すかさずヒッチハイクで…
えぇ東京まで無事帰ってきましたとさー。

色々あった旅の方が思い出に残るからいい。
でも今回の失敗は失敗として
反省すべき所は反省だ。

それから曼荼羅へ
ライブを観に行った。
ステージで吠える男の魂はむき出しで
今までで一番いい歌を歌っていたような気がした。

黒岩トキオ

彼も間違いなく日本のロックスターの一員だと思った。

今日一日の出来事と気持ちを
何となく録音と言うなの真空パックして
早く届けたいなと思いつつ

今夜はバタンQって事で
umiQでした。

オヤスミナサイ。


追伸

もうあけたから今夜
へきれきライブです。
この気持ちを、少しでも音にのせられますよーに!

がんばるぜぇ!

チャリティイベント
「届け東北〜今やれる事、立ち上がれる事」
日付  2011年4月10日(日)
場所  クラブチッタ川崎
OPEN  12:00 / START 12:30 
入場料 無料  

※入口で皆様の意思で募金をお願いします。

へきれきは18時頃の出演になると思います。
posted by umiQ / hekireki at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。