2010年11月03日

はるか彼方の砂場まで

ちょっとぐずぐず隊長
隊長、体調を崩して出陣。

土曜日と日曜日は相変わらず
何処かしら、旅に出ているumiQです。

新宿から高速バス
出発時間ギリギリで走る、いつもの新宿ステーション。

バスにはバスの旅のよさ
電車には電車の旅のよさ

伊那を目指しました。
ここはカミナリの啓示君に、初めて連れて来てもらった
思い出の場所。
凄く気に入ってしまって、どーしてもまたあの場所で
演奏したくて、タカヨさんというこれまた素晴らしい
唄うたいに頼んで実現しました。

伊那喫茶はるかにてはるかライブ。

マスターもお母さんも
相変わらず素敵で、人柄がそのままコーヒーの味に出ているんだよ。

こっそり感動したのが

はるかのお母さんがね
コーヒー入れてくれたんだけど
あなたコーヒー牛乳が好きなんだよねって、牛乳も持って来てくれて
その心遣いと、マスターの入れたコーヒーが美味しくて
この時点で、もう十分満足していたな。

たかよさんの歌には
深みがあるの
これだけじゃ不十分な答えかもしれないけど
なんかふとね、あの真剣な眼差しがこれまでの人生を
ふっと思い出させてくれるような
へんな良い方だけど、あたしの歌に立ち止まっていきなさい的な
宿り木的なパワーがあるのです。

そんなこんなで俺の出番…
ううううう緊張した笑

なんでだろうかな?
ただただ緊張した。

前回残した爪痕に、丁寧に傷が見えなくなるペンで
ゆっくり補修工事した感じ笑

いや

嘘だな

もう一回
来年はるかに行きたいな。

なんだか解らないかもしれないけど、少しやり残した事もあるので
リベンジ!そうリベンジだ!
そしてまた美味しいコーヒーを飲もう。

一緒に同行した
砂場の宮崎君のメロのよさ、声のよさを再確認して
これは明日のワンマンの砂場が楽しみだなと
漠然とライブを観ながら思っていた。

カメ亭で打ち上げ
ほんとあの場にいた人達の個性的なことったら
この上無し笑
みんないい味出してて、美味しいお鍋に舌鼓しましたとさ笑

俺の大好きな、歌う料理人も
また同じレシピを用意してくれていたのも
感動的だった。

ひとつ伊那で、また企んでる事があるから
落ち着いたらみんなにまた紹介するね。

このへきれきの輪がいつか
ほんといつか
みんなで何処かで集まってみんなに紹介できて
またその輪がが広がる事が、俺の描いてるもう1つの
大事な夢なんだろうなー。

日本全国にいるみんなへ

いつかそういう日がくるまで、がんばるぜー!
みんなの事は忘れてないよ。

ここまで書いて
うん
満足。

砂場ワンマンの物語は、つづきでね。

追伸
伊那駅の側にあるそば屋『クロネコ』に行きました。
物凄くいい味のでているそば屋でした。
このことも忘れずに書きたいので
ここに記しておきます。
posted by umiQ / hekireki at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。